淡路島そうめん 創業慶応元年 有限会社金山製麺

HOME > 淡路島手延べそうめんの歴史
天保年間
『奈良・三輪の里より七平(金山製麺の祖先)が淡路島に手延べ麺の秘伝を持ち帰った』
明治中~大正
『約140世帯、年間約4万箱の手延べ麺を製造するまでに発展』
大正四年
『伝統製法“淡路手延べ麺”がサンフランシスコ万博で金賞を受賞』
平成
『淡路島手延べそうめんの伝統技法を受け継ぎ、新たな挑戦へ』